有限会社さいたま葬祭

葬儀の流れ
FLOW

葬儀の流れ

1.さいたま葬祭へご連絡ください
さいたま葬祭へご連絡ください
2.ご安置
さいたま葬祭にご依頼していただいたご遺族の方には無料で使える安置室のご用意をしております。
3.お打ち合わせ
葬儀日程などのお打ち合わせを行います。
4.お通夜
ご遺族や親族、親しい友人が集まり故人とお別れです。
5.葬儀・告別式
故人が生前親しかった友人・知人が故人との最後のお別れをします。
6.お別れ式・ご火葬
火葬場でご火葬になります。宗教者が同行されている場合はお経をあげてもらいます。
7.ご納骨・ご帰骨
一般的には四十九日の法要と併せて行いますが、決まりはありません。
8.法要
法要

「友引」で火葬場が休み・親族の都合・年末年始・葬儀場の予約が取れないなどで、スムーズな葬儀日程を組めない場合、ご遺体が傷むのを防ぐためにドライアイスの使用など検討するようにしましょう。

葬儀の準備に関して

遺族・近親者

◎喪主:葬儀の代表者ですので、できれば通夜の前までに決めておく。
◎宗教形式:故人の意向・本家筋に確認しておく。
◎規模・費用:故人が生前に話していたのであれば、故人の遺志を尊重。
◎その他:死亡通知・呼ぶ故人の友人や知人・遠方に住んでいる親族・火葬場などの都合などを考えておきましょう。

亡くなってから決めるとなると、気持ち的にも時間的にも話し合いしにくくなってしまいます。
決め事には故人の遺志を尊重することが多いので、普段からで話し合っておくと、いざというときに慌てることが少なくなります。

葬儀会場

◎式場:近年は、葬儀会館で執り行う葬儀が増えています。
◎社寺・教会:宗教・宗派を確認しておきましょう。
◎寺院への相談:日取り・時間・僧侶の人数・戒名の依頼・火葬場への同行などを相談。
◎神社:忌み期間は故人の親族は神社に入れないので、代理人・世話役などを依頼します。

葬儀社の選び方

◎近場の葬儀社:打ち合わせも行いやすく、車の手配にも便利。
◎市町村役場に相談:地域の葬儀社や公営施設などを紹介してくれます。
(市民葬委託指定業者が安心です)

ご遺族の要望を聞く、費用や葬儀の流れなど分かりやすく説明をしてくれる葬儀社を選ぶようにしましょう。悲しみの中で葬儀社を決めるのは難しいと思いますが、いざというとき慌てないためにも、あらかじめ数社の葬儀社で見積りをとって決めておくのもいいかもしれません。

葬儀社との打ち合わせ

◎葬儀の宗旨・場所・日時・予算などの相談に乗ってもらいましょう。その際、1人で打ち合わせを行うのではなく、親族複数名で行うようにしましょう。
◎予算を伝え、見積書に不明な点があれば、トラブルになる前に確認しましょう。
◎葬儀後の葬儀社への御礼・会葬者への接待費・運転手や火葬場での心付けなどは一括請負にしてもらうことができます。予想外の出費を防ぐために確認しておきましょう。

世話役との打ち合わせ

ご遺族だけで葬儀のすべてを取り仕切るのは難しいので、葬儀の準備から進行をとりまとめてくれる世話役代表を立てるといいでしょう。世話役代表には故人と親しかった・ご遺族とも交流がある方に世話役をお願いしておくといいでしょう。

PAGETOP

コンテンツメニュー

  • 市民葬について
  • 火葬場について
  • 式場案内
  • 料金プラン
  • 会社概要

よくある質問

葬儀の流れ

ご葬儀ローン取扱店